リヤカーマン

昨日、現場でアース・マラソンの話題になったので、
すかさず「リヤカーマン観ました?」と振ってみた。
危険な行為だ。
観てない人とは、全く盛り上がれない。
そんなに観てる人は、いないようで
リアクションの薄い中、一人でしゃべるしか無くなる。
NEOで一度、失敗している。

昨日もあきらめかけた。話を切り上げようとしたら、
傍にいたスタッフが
「僕、撮影隊でした。アマゾンの時、、」
「!!!」
すごくうれしくなって二人で盛り上がった。できれば、1時間は話が聞きたかった。

観てないから、わかんない?

「リアカーマン」は、冒険家なの。
リヤカーひいて、もう地球二周してんの。
すごい人なの。
テレ東で放映されたドキュメント番組で、初めて観たの。
とにかく重たいリヤカーを引いてアマゾンやらアンデスをひたすら歩くの。
はっきり言って大変なの。いや大変なんてもんじゃないの。
だってリヤカーひいてジャングルだよ。
アンデス越えだよ。
高山病にもなるし、板をわざわざ置かないと通れない道なき道も行くんだから。
しかもねぇ。
そんな、とてつもない旅のドキュメントなのに
「この人は、なんでこんな事してるんだろう?」という疑問が、
ずっーとついてまわるの。
だって、リヤカー邪魔だから。
引かなきゃいいだろうって思ってしまうの。
すごいんだか、すごくないんだか
わかんなくなっちゃうの。
そして、旅の最後に
「何も楽しくなかった。」と言い放たれ、呆然としたの。
感動どころか、なーんとも言えない気持ちに襲われたの。
今まで観たことのない旅のドキュメント番組だったの。


ほら!うまく伝えられない。
[PR]

by iripon45 | 2009-01-27 21:51  

<< 筑豊ロッキー ラモーンズとストラマーのステッカー >>