何もそんなに

ラーメン屋に入ると
店内には、何人かの客がいた。
私は、チャーハンを頼み、店内を見渡した。

カウンターに座っている若い男性客が、
注文した品が、なかなか来ない事にかなりイラついていた。

ようやく店員が、彼の元にラーメンを運ぶ。

店員「オマタセシマシタ」
外国の方のようである。

若い男「(信じられないという感じで)、、これ、、違うよ!!」
店員A「??」
店員B「違いました?すいません作り直しますんで、、」

若い男性は、何もそんなに怒らなくても、と言う程
憮然として無言でうなずく。

どうやら、オーダーミスのようだ。
若い男性が頼んだのは、「醤油ラーメン」なのに
運ばれて来たのは
「味噌ラーメン」だったのだ。

店員B「すいません。ほら!下げて!」
店員A「ハイ」

重苦しい空気が店内に漂う。

すると渦中の若い男性が口を開いた。

若い男「(絞り出すように、そしてワナワナと)俺、味噌ラーメン食わねぇから!!」

店内の、、おそらく全員が、、、

「知らん!」と思った。
「知らん!そんな事!!」と思った。

私は、思った。

こ、この男なら、、

「俺、ぜってぇ負けねえから!!」とか言ってくれるかもしれない、、と。

                  
                          ー完ー
[PR]

by iripon45 | 2009-04-07 00:58  

<< サラリーマンNEO 四月になれば >>