神様とその他の変種とジ・エナミー

色々とCDを買った。

トラッシュ・キャン・シナトラズ
マイ・ブラッディ・バレンタイン
デペッシュ・モード
ジ・エナミー           など

で ジ・エナミーだ。

日本語で「敵」という名のバンドだ。
ここんとこの新人バンドの中で一番好きなバンド。
待ちに待ったセカンド・アルバム。

ザ・フー、クラッシュ、ジャムが好きな人は、嬉しくなると思う。
曲から、それらがこぼれ落ちてくるのを素直に喜べるのは
彼らの音楽にまっすぐな想いがあるからだ。
若者の怒り、そして、どうしようもない現実に負けるか!という想いが
つまっているからだ。

やっとUKロックの
正統な後継者が現れてくれて
待った甲斐があったというか

とにかく嬉しくて泣けてくる。

彼らのデビューアルバムの中から
ポール・ウェラーっぽさが、たまらない大好きな曲。





本当は今日観に行ったナイロン100℃の
「神様とその他の変種」について
書こうかと思ったが

あまりにも
褒めちぎりそうなので一回落ち着こうと、、

音楽について
書いたものの

結果的に
ジ・エナミーを褒めちぎる事となってしまった。

ともかく
そんな気持ちにさせてくれた
傑作を観れて

今宵は嬉しいわけだ。

嬉しすぎる位

       
嬉しい。
[PR]

by iripon45 | 2009-04-25 03:21  

<< 神様とその他の変種 リトル・ブーツがカバーしたホッ... >>