精霊の守り人

ー昼時の電車内ー
二人の少年がつり革につかまりながら

少年1「先輩、、どうしたら女の人と話せるんですか?」

少年2「(サラリと)それは、あれだよ、友達と思えば良いんだよ。」

少年1「(感心した感じで)ああァー」

少年2「うん」

少年1「、、、でも、相手が、すごくキレイな女の人だったら?」

少年2「、、、、それは、無理だよ。
     意識しちゃうよ。キレイな女の人は友達とは思えないよ」

少年1「(少しがっかりして)そうですよね」

電車の中では、聞きたくもないバカな会話も聞こえてくるし
又、そういう連中はえてして声がデカかったりもする。
なのでIpodを忘れて電車に乗ったりするとと非常に不安になる。

その日は昼過ぎで終点近くで人もまばらで静かだったから
Ipodで流れてた曲もきりが良かったからイヤホンをはずしたら
上の少年達の会話が、耳に入って来て
なんと答えるのか聞き耳をたてた。
俺もそう、うまくは、未だに話せない。
一瞬、先輩の答えに感心しそうになったが
次の答えにガクッとなった。「じゃあ、ダメじゃん」とも思った。

まあな、あれだよ
話せる人は、たぶん最初から話せんだよ。
その後、秋葉原に向かった少年達よ
君たちは、嫌いじゃないよ。
あまりアニメばかり観るなよ。面白いのもあるけどね、たくさん
「俺は「精霊の守り人」がここ数年で一番好きだよ。
 あれ、攻殻機動隊のさぁー神山健治監督でしょ。やっぱ違うよね。、、、、」

うん、俺、きれいな女の人より君たちとは
すぐに話せるね。
たぶん。

それは、ともかく「精霊の守り人」は
TVアニメとは思えぬ凄いクオリティの素晴らしい作品なので
どっかで見かけたら観た方が良いよ。うん。
未だに観た人に出逢ってないんだけど

ジブリだけがアニメじゃねぇから!
[PR]

by iripon45 | 2009-05-27 02:54  

<< 全身タイツ ヤング@ハート >>