アーサー王宮廷のヤンキー

今日は、皆既日食でした。

皆既日食で思い出すのは
マーク・トウェインの「アーサー王宮廷のヤンキー」だ。

コネチカット州のアメリカ人がバールだか金つ"ちだかで頭を殴られて
タイム・スリップする話で
皆既日食を利用して
命拾いして
成り上がっていく
小6位の時に読んで
ワクワクした



マーク・トウェインが
タイム・スリップ物を書いてたことにも
驚いた

SFなんてジャンルもない時代なのに

「インタビュー・ウイズ・ウ"ァンパイア」と始まり方が似ていて
影響を与えたのだろうか?

何度も映画化の話が浮かんでは消えて
ジョン・ランディスの名も上がった気もするが
随分と前の事で忘れた
その後、密かに映画化されたみたいだが
観てない

はじめて読んだ
面白いタイム・スリップものだった
[PR]

by iripon45 | 2009-07-22 22:24  

<< 大江さんのブログ ジョーズ祭り >>