人生は、グミ チョコレート パイン2


そこは、天神のはずれにあった名画座だった。
同時上映のイタリアのマフィア物を観てる時、
T君が「何かおかしばい。」と俺にささやく、
、、前の方の座席に二人で目を凝らすと、、、ジーザスっ!!        
おじさんと角刈りのお兄ちゃんが、、、男同士で!!メイクLOVE!!
そう、その映画館は、そういう方達の出逢いの場でもあったようで、、。
もう全然映画に集中できない俺とT君、、。
「どげする?」「帰る?」マフィア物が終わってロビーで相談。
その間、通りかかる人たちはみんなソッチの趣味の人に見えビクつく。
上映のブザーが鳴る。
「とにかく頑張ってハロウィン観ろう!もし、もし、、、
俺達に迫って来たら、、どげする?、、戦う?」
、、、頑張って観た。
スクリーンの中では、次々と人々が殺人鬼に殺されて行く、、。
客席では、人が座席を動く度に恐怖する俺達。
、、、どっちがホラーか?だが、ブギーマンは俺達は襲わない、、          ブギーマンより怖い人達が天神におったとは。  
 
それがカーペンター作品との出逢いだった。
帰り道「都会は怖いばい」「怖いとこばい」というやりとりが、延々繰り返された。
できれば、「ハロウィン怖いばい」「カーペンター凄いばい」
そんなやりとりがしたかった。

ともかく、そんな風なことを『グミ チョコ」のおかげで思い出した。

バンドと8mm映画のことは、又! 
てゆうか、高校時代は書くことがありすぎて終わらないんで!
 
あと、「アメリカン グラフィティみたいな毎日ばい!」と思ってたあの頃の俺には、
「アメリカン グラフィティ2」だけはどんな事があっても
観るな!!と強く言いたい!  
[PR]

by iripon45 | 2008-11-06 23:58 | 映画とか  

<< ABBAとニュートンジョン 人生は、グミ チョコレート パイン >>