カテゴリ:未分類( 200 )

 

「500」と「東京大パニックメガネ」


十九日に出演する予定だった
「PLAY PARK2011」の開催が中止になりました。

公演を続けている芝居もあるんですが
他にも次々と公演中止が決まってるみたいです。

勿論、誰もが 決行したいと思いますが、そうもいかないのも わかるし
だからこそ やりたかった気持ちも あったんですが、、
  
本当に残念です。

楽しみに してた方 申し訳ありません。

チケットの払い戻しに関することなど
お手数ですが
「日本短編舞台フェス」のHPで 確認して下さい。

今回 やるつもりだった
「500」は

どこかで 必ずや 
やりたいと思ってます。


「500」という作品は

演説の場面で
その時にしか 語れないものを盛り込むので

今回 何を語ればいいのか
物凄く 悩みました。

今 現実に起きていることを
前にして

たとえ「500」という作品の中の虚構の世界とはいえ 
生半可なことは言えないと思ったからです。

設定も 
いつの話に すべきか?

どうにでも 出来る分、難しくて、、、色々考えました。

だけど
 
最終的には、舞台でメガホンを手にして 観客の方々を 前にした時に
きっと 溢れ出てくる言葉があるはずだ と思い あれこれ考えるのを やめました。

そして、心の底から「これが、、、ロックンロールなんじゃねぇの!!」と叫ぼうと

気合いを込めていたんですが
 
残念です。

、、、ライブハウスで、やりたかったんだけど。

でも

いつか やりますから 

その時までに もっと面白くしとくんで

 是非 観に来て下さい。

、、、長編に なってるかもしれないけど。

あと「東京大パニックメガネ」も 作り直して 又やりたいと思ってます。

どっちも

その時々の
東京という街で やる意味のある作品だと思うんで

進化させていくつもりです。

  
[PR]

by iripon45 | 2011-03-17 06:06  

「最上の命医」

 
「最上の命医」

無事にクランクアップしました。

打ち上げも終えて、残すは最終回のOAのみ。

しばらくは緑山スタジオに行くこともないだろうし

病院の廊下とか撮影してた病院、その最寄りの駅には

医療モノをやらないかぎり行くこともないんだろうなぁ。

緑山の味噌汁、ソバ 美味しかったなぁ。

とてもリラックスできる現場だった。待ち時間も気にならなかったし

みんな良い人ばっかりだった。

それにしても

あのロッカーズの陣内さんと共演できるとは、思いもしなかった。

ロッカーズのライブ 何回も行ったもんな、、陣内さんは、本当に格好良かった。

撮影の合間に貴重なお話が聞けたりして

、、、幸せでした。

若い頃の自分に聞かせてやりたい。

次は19日の短編フェス

お暇だったら遊びに来てね!

右側のプロフィール&出演詳細のキューブのHPからも予約できます。

じゃあ!
[PR]

by iripon45 | 2011-03-11 03:43  

さ、三月かぁ〜

あっという間に三月ですか。

びっくり!

ようやく冬も終わりそうですね、、終わって下さい!

今日は、いきなり冷え込んだら 途端に腰が、やばくなりました。
ガラスの腰です。

「最上の命医」も残すところ あと一日の撮影で 終わります。

当分、朝早く起きなくていいのは、嬉しい。

その後は、サラリーマンNEOと 短編舞台フェス



舞台「鳥瞰図」の稽古に入ります。

あっ、そうだ!
そろそろ短編フェスでやる「500」のために

拡声器買わなきゃ。



ツィッターでフォローしてくれた方のツイートで見つけたジム・オルーク
引きの画がコントみたいで笑ってしまった。
演歌へのリスペクト、愛が、見てる方にも伝わってきてニッコリしてしまう。




ジム・オルークがバート・バカラックのカバーをしたアルバムの中から
カーペンターズで有名な曲。
ジム・オルークがどんな人かわからない人は各自、調べてみてね。
[PR]

by iripon45 | 2011-03-01 03:16  

朝も 早よから

ここのところ
朝イチの撮影が続いて

六時前に起きて、原チャリで駅に向かい
電車とバスを乗り継いでスタジオに行っている。

役者になって

入りが
朝早いと 前の日から
びっくりする位
憂鬱になる。

中学の時、新聞配達してた時は、五時前に起きてたし

バイト時代も何年間も五時に起きてた。

信じられない、、

だいたい 何時に寝てたんだ。

それはそうと

朝の電車の中で
PSPなどのゲームに興じてる男子高校生だか中学生をよく見かける。(女子は見てない)

友達同士で居るのに みんな、それぞれゲームやってる光景は

薄ら寒いものを感じる。

別に腹は立たんが

どうなんだろう?と思う。

もっと他に夢中になるもんが あるだろうに。
[PR]

by iripon45 | 2011-02-11 03:23  

お知らせ

渋谷のライブハウスで
三日間
開催される
日本短編舞台フェスに参加します。
3月19日に出ます。

たぶん
時間的に
ネタは一つしかやれないんで

今んとこ
「500」をアレンジして やろうかなぁと思ってます。

ちょうど15分くらいだし
ライブハウスだし 良いかなぁと思って。



良かったら
遊びに来て下さい!

毎日
笑ってしまう位
寒いですが

散歩コースの
梅が咲いていて
少しばかり春の訪れを感じて
嬉しくなりました。

では!
[PR]

by iripon45 | 2011-01-20 03:08  

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

今年も いろいろ頑張ろうと思ってます。

舞台は 今のところ

二本やる予定です。

一人芝居は まだ予定が たってないです。
やりたいんですけどね。

でも
春くらいに イベントで ひとネタやらせて頂けそうです。
詳細が決まったらお知らせします。

テレビは十二月から
「最上の命医」の撮影してます。

年末、年始
やけにボッーと過ごしてるなぁと思ったら
今年はR1に出場しないからでした。

諦めちゃあいないけど
今年は
やめました。

凄い面白い
二分のネタが浮かばなかったんで。

それを考える意味があるのかと
自問自答もするんですが

とにかく
中途半端なネタじゃ落ちるの
わかってるんで

にしても
二分は難しい、、。

では!



ふと聴きたくなり、iTunesで購入した。
スペクトラムみたいなバンドは
もう出て来ないんだろうな。




 
 
[PR]

by iripon45 | 2011-01-07 02:59  

さよなら2010年

今年も
あと少しとなりました。

今年は
シャララ
ひとり芝居

共に

久しぶりの公演を
無事に終わらせることが
出来ました。

観に来てくれた方々

本当に

ありがとうございました!!

来年も頑張ります。



今年 一番 
聴いたアルバムは

中村 中「少年少女」でした。
[PR]

by iripon45 | 2010-12-31 18:18  

訂正

すいません。
ピラニアンズは13年ぶりのニューアルバムです。

間違えました。

シャララとゴッチャに なったのか?

ん?

シャララは何年ぶりだった?

まぁ、とにかく ピラニアンズは

来年も ライブをやるんで 一度 是非 生の演奏を聴いてみてね。

では!
[PR]

by iripon45 | 2010-12-14 01:28  

ピラニアンズ!!!

書こう書こうと思っていたんだが

ピラニアンズの久しぶりのニューアルバム「スーパーボルケーノ」が
絶賛発売中だ。

ピラニアンズには
一人芝居にゲストで出てもらったり
かって
CDまで一緒に出させてもらったり

そのうえ

ピアニカ前田さんには
プロデュース公演「ベイビー、レッツ スイング」に役者で出てもらったり
紀伊国屋ホールでのw1劇場
「筑豊ロッキー」にも「爆走クラッシュ17」にも
ゲストで来てもらって
演奏してもらったり


ギターの塚本くんのバンド ネタンダーズにも
「ひとり紅白歌合戦」で演奏してもらったりと

とにかくお世話になってます。

なので
ピラニアンズのHPに応援コメントを書かせてもらった時は
気合いを入れすぎて
一人だけ 凄く長文を書いてしまいました。(でも、読んでみてね)

十二年ぶりにアルバムを出すと聞いた時は
単純にファンの一人として
とても
嬉しかった。

そして
久しぶりに聴いて
やっぱ
良いな〜と思った。

心にしみてくるんだよね。そんで深く息が出来るようになる。
是非 聴いてほしい!




この曲は 以前のアルバムの曲です。
ピラニアンズの曲は
一時期、バラエティ番組、旅番組で使われまくったけど
何といっても
アルバムで聴くに限るし、ライブは最高だ。
[PR]

by iripon45 | 2010-12-12 02:56  

殴る女たち

何度も更新しようと書きかけたんですが

どうも気持ちがのらないというか、、

このままだと
今月も終わりそうなんで
いや、下手したら今年も終わりそうなんで

別にツイッターにハマってるわけでもないし

そおいう時期なんだろう。


最近、夢中なのは

女子格闘技!

特に

アメリカの
総合格闘技の大会

「ベラトールFC」女子トーナメント決勝での

藤井 恵選手の試合は素晴らしかった!

これは激しく心揺さぶられました。

試合から覚悟、想い、生き様

いろんなものが伝わって、最終ラウンドで相手を
テイクダウンした時は
涙が出た。 

決勝の試合を振り返った
藤井選手のブログにも感動しました。

本当に素晴らしい選手です。

「殴る女たち 女子格闘家という生き方」ー佐々木亜希著ー
という本も丁度良いタイミングで発売されて、すぐ購入。
本屋になかったんでアマゾンでね。

藤井選手はじめ女子格闘技の選手の本です。

格闘技は全然わからない人でも 面白いと思うので
よかったら、読んでみては。

むしろ女性が読む方が 思うところが あるんじゃないかと。

女子格闘技の何に
心惹かれるかといえば

男子にはない

切なさだと思う。

(かっての全女のプロレスの試合でも そう感じたけど)

You Tubeで藤井選手の試合 観れるので 興味のでた方は
観てみて下さい。
[PR]

by iripon45 | 2010-11-21 23:58