<   2010年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

ツイッター

始めてみた。よくわからんが、まぁ見てみてね。

九月の一人芝居に向けて

「醜男」も 観て欲しいし。

iriemasatoで検索したら見れるのかな?

やってる人、あれっこれ教えてね!
[PR]

by iripon45 | 2010-06-29 05:01  

早いもんで

「醜男」の稽古も いよいよ明日で最後

その後、小屋入りして、2日には、初日を迎えるわけだ。

このドイツの人が書いた戯曲は、なかなかに手強く 

普段、脚本は 稽古場に置きっぱなしの役者人生で 
今回、初めて 家に持ち帰るということを余儀なくされた。
たとえ ほぼ持ち帰るだけの日が 多くても
 時々は、脚本を開いて
セリフの確認をしたりしたわけですよ。

一時間と少しの芝居とは、思えない

集中力を必要と するんだよ。

一人芝居より 大変

なかなか余裕をもって やれなくて つい 力んじゃってんだよ

舞台上での 力の抜け加減には 少しは 自信が あったけど

通しで 衣装をつけたり 本番の照明では ないんだろうけど
稽古で 照明も入ったりするんで
知らず知らずに 気合いが 入って 
芝居の質が 少し変わってしてしまったりして

要は 気合いは 入れるが 楽にやるということだと
今日の河原くんのダメ出しで 今更ですが わかって
さっき 珍しく 軽く 一人で 練習して 明日の通しで 確認する課題を見つけられた

何?この真面目な取り組み

でも 楽しいわ

演劇って 楽しい

「富士見町アパートメント」といい

演劇サイコー!と 思える 舞台が 今年は 次々とやれて
シャララは、ただただ楽しくて
ご褒美か!

ここに来て

「富士見町アパートメント」仲間の西尾さん、池谷さん、それにナイロンの皆戸さんが
シャララを観に来てくれた時、飲みに 行って
シークワァーサー割りを飲んで すっかりご機嫌になり
「今年は 計算どおりに すすんでる」と 調子のいいことを 豪語したが

「醜男」は、計算以上に楽しいわ。
稽古場は、アットホームで 笑い声が絶えず 主に内山さんか斉藤くんが笑えることを
自然と生み出していて
大物だ、大型ルーキーみたいな二人だ

山内くんとは、タバコを吸いながらロック談義は出来るし
だってスマッシングパンプキンズとかの話できるの、演劇界で 彼だけですから
気軽にルースターズとかモッズやシナロケの話できるのは
あとは新感線のインディくんと ケラさんくらいでしょう他には
大事 とても大事
そのうえ良い役者だし、今回久しぶりに共演できて良かったよ 

一方
斉藤くんは 何せ「映画秘宝」に連載を持つほどの映画野郎だし

マニアックというか 俺にすれば普通なんだが
ロックと映画の話出来れば 言う事が無い

河原くんは、思った通りのきちんとした演出家さんで
稽古場のムードを作って
心地よい空間のなかで稽古を進めてくれる
テキパキしてるし
時間の使い方が うまい

この世界には 当たり前のことが出来ない演出家もいるからね
ただただ仲良しこよしみたいな。ぶつかりあうのをさけてて
自分の演出プランというのが 何もなくて 演劇をなめてるというか
才能もセンスもないのに世渡りがうまいんだかなんだかしらないが
 そこそこうまく やって つまんない芝居を 垂れ流してんのがね。

大違いだよ 河原くんとは

それにしても

ともかく良い奴ばっかだよ

だからね

俺は頑張るよ

あと西尾さん、池谷さん、皆戸さんに
「俺は演出家に なりたい!」と さんざん言って

ちょっとずつ
「入江さんが 演出をやりたがってる」と 広めるようにも言ったが
それは
コツコツと続けていって欲しい

 頼んます
[PR]

by iripon45 | 2010-06-28 03:29  

海へ

「海へ」

 19日の深夜って わかりにくかったですね
ていうか 俺自身 勘違いしてて さっき 気付いた

今日だったのか、、、

ちゃんと 観れなかった方が いたら ごめんなさい

謝ります

NHKのオンデマンドで観れるみたいなんで
 
有料ですが、、何とか ひとつ

ちょっと、、、疲れてるんだ 

「醜男」の稽古で 凄く 頭 使ってるもんで

頭って いうか 脳

それにしても 今年の三月に やった舞台が もう観れて 不思議な感じだ

まだ 懐かしいって程 時間も経ってないし

その後 シャララをやって

今、「醜男」の稽古 真っ最中で

今年は、もう三本目に突入してて

今年は舞台ばっかり やってて

幸せだ

三本とも それぞれ 全く 違ってて

「醜男」も楽しんでる

是非 観に来てね
[PR]

by iripon45 | 2010-06-19 02:28  

あっという間に

本当に久しぶりのシャララが終わって
もう一週間近く 経った

余韻に浸る間も なく
「醜男」の稽古に入って

「ドナサマーナイト」のこと
忘れないうちに 色々と書いておこうと思ってるんだが

今 ヘロヘロで
余裕が ありません

いつか 書きます

19日の深夜0時45〜2時55分

NHK BS2で 

今年の三月にやった

「富士見町アパートメント」のAプログラム

「海へ」をやります

良かったら 観て下さい




それにしても
打ち上げは 楽しかった
[PR]

by iripon45 | 2010-06-15 02:26  

最高の夜

f0186263_5555792.jpg

夢みたいに楽しい夜だったぜ!
[PR]

by iripon45 | 2010-06-10 05:55  

千秋楽の朝

随分と 休みも取らず
本番に 突入し

土日は 2ステで

月曜からは、来月に本番を迎える
「醜男」の稽古も始まり

さすがにクタクタで

今夜は 真っすぐ帰宅したが

結局、朝を迎えてしまった

何か 寝るのが もったいなくて

いよいよ

千秋楽

まあ、、、泣くかもしれんし
案外 ケロッとしてるかもしれん


初日は、、、さすがに感極まった

特に開演前

生涯 忘れないだろう

そのうち くわしく書こうと思ってるが

書かないかもしれない

とにかく 寝よう
[PR]

by iripon45 | 2010-06-09 04:39  

シャララのリーダー

おかげさまで

毎日
夢のように楽しい時間を過ごせている

楽屋では 笑いが 絶えない

笑いの中心には

出川くんがいる

心から シャララを愛する男

出川くんが、いなかったら

シャララは なかっただろうし

今回の公演も 彼が いなかったら

実現しなかっただろう

しかし 稽古の合間に 仕事もこなし

本番のステージも 出ずっぱりで

今や 満身創痍だ

何度も 枯れた声で

「入江くんが 想いを込めて 書いてくれたのに、、、申し訳ない、、、ごめん」と

謝られる

自分が万全の体調でないと すごく気にしていて

昨日 観に来てくれた バラエティ仲間の

芸人さんたちに

「俺は、、、本当に、、こんなに、、、 楽しみにしていた公演なのに
 、、、、、、   地獄だよ」

と 言っていた。

「地獄じゃないだろう」と突っ込んだ

「地獄 もっと つらいだろう」と

もう 何と言うか



日本語を使って

一番 面白い フレーズを 生み出してるのは

出川哲朗なんじゃないだろうか?

稽古場から劇場の楽屋

常に 俺たちを笑わせ ありえない突っ込みをさせてくれている

そもそも 稽古に入る前

二人での取材後

「俺たちは、又、稽古に入ったら 入江くんに 
 ああだ こうだ うるさいこと言うだろうけど
 「しようがねぇな こいつらって」、、、おじいちゃんみたいな感じで 見守ってよ」
 
と 言われた

「孫なの?」と 聞き返した

今回の公演で

その言葉とは 反対に 

俺の方が 孫のような気持ちで

出川くんを 温かく 見守れるように なった



十二年の間に

本当に 面白い男に なった

出川哲朗は 最高だ

俺は あんたに ずっと ついてくよ

忘れないように ここに 書いた
[PR]

by iripon45 | 2010-06-06 11:39  

初日

無事に初日を終えた

この一年以上

自分が、思い描いた初日を迎えられたと思う

今日で、いろんなプレッシャーから解放されたんで

明日からは、1回 1回の公演を楽しめる様

頑張る

当日券も出てるんで

アタリパフォーマンスさんのHPをチェックして

是非 観に来て下さい

枚数に限りが、あるんですが

時代の変化なのか

意外に直接、劇場に足を運ぶ方が少なく

なので

劇場の受付に 並んだ方が

チケットを手に入れられるみたいです

時間のある方は

(無駄足になる可能性もあるんですが)

問い合わせたりしてみて

トライしてね!

いい年をした人たちが

くだらないことやってるのが、観れます

あえて だけど

あえて

やってるんだけど

そおいうのが

一番 大変だったり するんだけど、、、。

残り八ステージ

あっと言う間なんだろうなぁ
[PR]

by iripon45 | 2010-06-04 02:49  

いよいよ

今日から
「ドナサマーナイト」が幕を開ける

ようやく辿り着いた

執筆、稽古 

この二ヶ月
本当に

長かった

今日のゲネプロが 終われば 役者として シャララのステージを楽しめると思う

「ダテに十二年間休んだ訳じゃない」作品に仕上がったと思う

そして

学生時代の仲間と この年に なって

舞台をやれるというのは、幸せなことだと思う

長年、舞台をやってきたが

こんな特別な想いで迎える舞台は 

初めてだ

ベストを尽くそうと思う

いつも

尽くしては いるが

作家と演出家として込めた想いに

役者として全力で応えようと思う
  
   
[PR]

by iripon45 | 2010-06-03 01:29