<   2010年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

帰郷

何だか、すっかり燃え尽きたんだが
今年の舞台四本分の疲れが
ドッと来たんだか

しばらくは、ボッーとするでもなく
ただただ疲れてた。

普通の芝居だと「終わったんだぁ〜」という気持ちに加え
一緒に本番までの日々を過ごした仲間に会えなくなる
淋しさみたいな感情に包まれるんだが
ひとり芝居は、解放感はあるけども
もともと一人だから
あまりセンチメンタルには ならなかった。
そういえば、昔もそうだった。

千秋楽はゲストの三人と過ごしたけど
慌ただしかった。
合間にバカリズムくんと あれこれ話せて楽しかった。
あとそれぞれ三人が
袖で自分の出番を待つ姿は格好良かった。
彼らがそうやって自分と戦ってる姿をみて俺も燃えたしね。
これが堪んないだよ。
やってよかった。
また何かやれたら。

そして

久しぶりに映像のお仕事して
そのうち一本が福岡で撮影で
しかも祖父と祖母が かって過ごしていて
夏休みになると遊びに行っていた街で
感慨深くて。
でも、撮影終わって駅に向かうと
昔は活気があったんだけどなぁ、古着屋さんとタコ焼き屋さんと
あとは飲み屋さんしか開いてなくて、、、悲しくなった。

その後、時間が取れたんで 実家まで
電車を乗り継いで
少し遠回りして帰った。
夜の電車 人も少なくて
でも、昔よく乗ってた電車で
まあ なにかとセンチメンタルになる。

実家で少しばかり過ごして

博多に向かう帰りの電車の窓から見える
緑が田んぼが水路が川が山が
胸をキュンとさせてくれた。

ひとり芝居の「帰郷」に少し込めた想いを実感した。
一時期、けっこう本気で
福岡に住んで仕事の時だけ東京に行こうかと思ってた。

そこまで今は思ってないけど
自分の将来について
ボンヤリと考える。

このさき いつまで この仕事を続けられるか
わかんないけど
ともかく
やりのこしたことの無いよう
頑張ろう。

まずは執筆開始。

いや開始の準備にとりかかろう!



そういや上京一年目は完全にホームシックになった。
福岡に帰れる日を毎日銭湯の帰りに
指折り数えてた。
この曲切なくて大好きだ。
何度泣いたかわからない。
[PR]

by iripon45 | 2010-09-27 04:27  

これから

一人芝居が終わって
もう10日は、過ぎたんだが

なかなか気力が立ち上がらず
今も割と立ち上がっては、いないんだが

いい加減 更新しないと
ますます更新しなくなりそうなんで

パソコンでポチポチと

まずは
観に来てくれた方々
本当にありがとう!

おかげで 好きなことが やれました。

チケットの売れ行きも厳しかったんですが
短い日程の中
仲間が駆けつけてくれたり
人に薦めてくれたり
あれやこれやで
2日の夜からは補助席も出て
大変 嬉しかったです。

連日観てくれた方々もありがとう!

そんな人のために
日替わりに しようかとも思ったんですが
ネタに納得が いったのと
自分の作品に関しては脚本が 無いんで
その日にしか生まれないものが あるんで
千秋楽以外は同じ構成で やりました。

今回は 一人何役パターンの長編は やりませんでした。
やろうと思ったけど
「メカカ」「東京大パニックメガネ」は超えられそうもなくて

ただ それに こだわると 新作の一人何役パターンは生まれないと思うし

難しいです。

一人芝居は。

自分的には、今までにないパターンが出来ると 一番嬉しい
一番 大変な気もするが
意外とポンッと浮かんだりするから
何なんだろう?

「500」は 割とポンッと浮かんで
地図も音楽聴いてて
ノートで動かしたら
面白いなぁと思って

そんなに苦しまずに出来て

わからんもんです。

ただ 元々は、もっと壮大な話だったんで

「東京大パニックメガネ」みたいに広げられる作品になると思うんで
長編に するかも
あれは、あれで いいんだけど。

とにかく「出発ー!」と叫んで 地図が出た時 沸いたのは嬉しかったなぁ
あんまり ないよ ああいう瞬間。

「帰郷」が今回 最後まで 見せ方に苦心して
苦心した結果は出せたんじゃないかと
あと
さすがにシャララに 続けて 
ゾンビは、どうかとも思ったけど

チャレンジした作品が 途中で 「こりゃ ダメだ」となって

ストックしてたゾンビの話で勝負しました。
一人一役パターンの新しい可能性も見えたんで
やって良かった。
もっと映像的な作品に挑戦したい。

そして
今後も やるよ

ゾンビ

次は直球ゾンビ!

芝居でね。

「またゾンビ〜」とか言わずに いつかやる時は観てね

集大成だから

それを書いたら やっと やり残してたことが ひとまず終わるから。

やり残したことの大半がゾンビだったと
今、自分で驚いたけど。

ロメロなんかゾンビ一本で 何十年も頑張ってんだから

いつ実現するか わかんないけど
今年は それを書き上げて終わりたい。

そしたら

やっと

「何で書かないんだ」とか「もう書けないのか」とか
この数年、自分を苦しめてきたモノから解放される。

今年はシャララも一人芝居も復活して
自分で納得出来るもんが 出来たんで

問題は その先だ。

勿論、どっちも 続けていきたいが

次が また大変だ

大変だけど
その時は また頑張る

とにかく どっちも楽しかった
苦しんだ分 楽しめた。

自分にとって

シャララは青春のようなもので

一人芝居は人生のようなもんだ。

大事なもんだから 大事にしてゆきたい

出来れば 
一人芝居は
来年も やりたいもんだが
もう動き出さないと というか
まず劇場を 押さえないと

ベストを やろうかとも思うが
意外に
いざ立って やってみると 
自分にとって新鮮味が なかったりもするんで
何ともいえない。
ただ
いいネタは
磨き直すのも必要だからなぁ

今回 赤堀くんとブルースカイくんの作品を
やれたのは 役者として 新鮮だった

絶対 俺 書けないです

そう思って 頼んだんで。

ブルースカイくんの脚本みたいに あそこまで踏み込めないもんなぁ
ブレーキかけちゃうもんなぁ

もっと賛否両論になるかと思ったけど
賛の方が多かったんで嬉しかった。
ダメな人はダメなんだろうけど

無自覚にひどいことをして そのうえ 正論のようにひどいことを言うって
面白いよ
世の中なんて ひどいことだらけじゃないか
キレイごとの方が よっぽど ひどいよ

個人的に「火に強いあいつシりーズ」というタイトルだけで プロットもらって笑った。
脚本読んで富士そばのくだりと飛ぶくだりは大笑いした。

役者としてはどう演じていいか とまどって
ナンセンス女王池谷のぶえさんを何となく目指したが
とても無理だった。

難しいっす ナンセンス一人芝居

またトライしたい

そして
赤堀くんの脚本は 読み込むほどに
いろんなことが わかって くる
深みのある脚本で
その世界が段々 みえてくるのが 
役者としては 堪らないものが あるんですよ

演出として それをお客さんに伝えるのが難しくて

まして一人芝居の中の一本なんで
セットもがっしり組めないし

出来たら時間かけて トライしたい
絶対 次!
凄いのが やれると 思ってる

二人とは ともかく また 一緒に やりたい

白崎も どうだ 一本

そして、何より
一人芝居って
自分の作品じゃないとセリフを覚えるのが
かなり大変だと わかった。

一人である最大のメリット
どこでも(家だろうが)できることを生かして作品にかんしては
長いスパンで 創り上げるのも良いのだが

 精神的に 大変なんだなぁ それはそれで

日常で いつも 考え続けてくと 
結構 狂気とか そっち 行きかねないんで
内面に向かっていくんで
シンドイもんがある

孤独を凄く感じるもんだから
真剣に向き合うと

やってること くだらなくてもね

笑いを創るのが一番大変だから

心の闇を描いたり泣かせる芝居より 遥かに。

気が付くと
久しぶりだったから いろいろ書いてるが

たった5ステージだったけど
それぞれ
かけがえのないステージで
全力を尽くしても
同じには ならなくて
だから面白い!

2日の夜の「500」の演説は、やりながら 凄く心地よくて
今までにない体験だった。

補助席も出て熱気もあって
お客さんの反応も良かったのも大きい。

観に来た仲間が「良いお客さんだ」と褒めてくれた。

この日に限らず

それは そう思う

ちゃんとしたとこで笑ってくれて
なんか
久しぶりにやって それは感じました。

短い日程の中、仕事休んだり遠くから来てくれたり
会社終わってダッシュで来てくれて
友達まで連れて来てくれて
そのうえ作品をちゃんと見る目もあって
どこまで良いお客さんなんだ

また 頼むぜ!

それにしても

ライブなんだよね。舞台は。
だから 大好きなんだ
きっと。

ライブ感が一番 味わえるのが

俺は
一人芝居であり。

というか

ライブだよ

俺のは。

日本一ロックな一人芝居を確立したい。

長々と書いてしまいましたが
ひとまず 今日は ここまで。 

何か書いたら元気でた!
気持ち良く寝るよ。
[PR]

by iripon45 | 2010-09-14 05:24  

「マイバニシング ポイント」

短い間でしたが

非常に充実した毎日でした。

「マイ バニシング ポイント」に 来てくれた方々

本当に 本当にありがとう!

おかげで燃え尽きられた。

今は まだ 疲れが 取れないんで

今日のところは、この辺で。
[PR]

by iripon45 | 2010-09-05 02:41  

「マイバニシング ポイント」千秋楽

ついに今日 千秋楽だ。

本当に あっと言う間だった。

ほんの一週間前では、不安と孤独の中にいたのが
嘘のように 今は 充実した気分の中に いる。

いろいろと書いたいのだが、二週間以上 休みなしで
突っ走ってきたんで、あまりにクタクタなんで

それは、終わって ゆっくり書こうと思う。

ともかく 今日の千秋楽

まぁ 頑張りますよ。

そして

楽しませてもらいます。

では!
[PR]

by iripon45 | 2010-09-03 12:52